SE構法で楽しむ、広いリビングの家【兵庫版】 » 【基本を学ぶエリア】リビングの基礎知識 » 吹き抜けにありがちな
後悔とは

吹き抜けにありがちな
後悔とは

このサイトは 「WHALE HOUSE」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

開放感のある空間を演出でき、家族とのコミュニケーションをとりやすい吹き抜けは、マイホームを検討している人からの根強い人気があるデザインの1つです。その一方で、憧れの吹き抜けのある住まいを叶えたものの、後悔している人もいます。ここでは、満足いく吹き抜けを実現するためにも知っておきたい、吹き抜けでありがちな後悔ポイントをまとめました。

吹き抜けで後悔しやすいポイント

音や匂いが気になる

違う階にいる家族の気配が感じやすいというのは吹き抜けの良さでもある一方で、生活音や匂いが筒抜けになるというデメリットにもつながります。たとえば仕事や勉強などで集中したいときに家族の生活音や子どもの遊び声が気になったり、夜遅くに1階のリビングでテレビを見ている音が2階まで聞こえて寝付けなかったり、などで暮らしにくさを感じることも。また、料理の匂いが、2階の壁紙や布製品につくこともあります。

冷暖房の効率が悪い

吹き抜けは開放的な空間を演出できるのが魅力ですが、空調の調整が難しいという一面もあります。

冬は暖かい空気が上のほうに逃げてしまって1階が寒かったり、夏は直射日光で2階に熱がこもって冷房の効きが悪くなったりすることも。部屋全体を快適な室内温度に保つのが難しく、冷暖房の効率が悪いことで光熱費が高くなる可能性があります。

2階の間取りが制限される

吹き抜けは1階のリビングを広々とした空間にするのに有効ですが、2階の床面積が狭くなってしまうので、部屋数や収納スペースを制限される場合があります。吹き抜けにばかり目を向けていると必要な部屋数や収納スペースを確保できず、住み心地の悪さを感じる原因になりかねません。

掃除やメンテナンスが大変

吹き抜けは天井や壁が高く、窓や照明も高い位置にあるケースが多いため、掃除や照明の交換などを気軽に行なうことができません。高所用の掃除道具やはしごなどを使えば自力で掃除やメンテナンスも可能ですが、転落のリスクがあるため細心の注意が必要です。専門業者に清掃を依頼するとなると、それなりの費用がかかってしまいます。

後悔しない吹き抜けをつくるには

吹き抜けのデメリットを考慮せずに開放感にばかり目を向けて選んでしまうと、実際に暮らし始めてから住み心地の悪さを感じて後悔する可能性があります。

憧れの吹き抜けを叶えながらも快適な日々を過ごすためには、吹き抜けのデメリットを解消または軽減させるための工夫が必要です。たとえば冷暖房の効率が悪いという点にかんしては、家の気密性や断熱性を上げることで解消することが可能。音の問題については音が気にならない間取りを検討したり、防音対策を施したりといった方法が有効です。

吹き抜けのデメリットを解消または軽減させるアイディアを設計会社とよく相談しながら、憧れの吹き抜けのある住まいを叶えましょう。

SE構法だから実現できた
吹き抜けリビングの事例を見る

〈スポンサー・監修〉
SE構法建築専門会社
WHALE HOUSE
イメージ
引用元HP:WHALE HOUSE公式HP
https://www.whalehouse.co.jp/about/
「なんとなく良い」ではなく
「渾身のいい家」を提案

WHALE HOUSEは兵庫県で唯一全棟SE構法を採用する工務店です。大空間と耐震性の高さを保証するそのSE構法をベースにデザイン性と性能の高い家を手掛けており、ハウスメーカーを経験した彦坂社長を筆頭に、設計事務所出身の敏腕設計士、大手ゼネコンの元社員など、スペシャリストが揃っています。それぞれの経験や知恵、技術を結集し、彼らが届けるのは、「なんとなくいい家」ではなく、「渾身のいい家」。ワクワクと楽しさも両立しながら、遊び心のあるプランを提案してくれる会社です。
参照元:WHALE HOUSE公式HP(https://www.whalehouse.co.jp/concept/library/se構法/)

公式HPで最新情報を見る

固定バナーsp 固定バナーsp